明日は今年最後のヒラマサだ! ところでひらまささんって誰よ?

浅場にイワシが大量に入っているみたい

昨日今日と南から北、強い風の影響で船は出船中止な様子。そんな休み明けの明日土曜日はご存知コテツさんと今年最後のヒラマサ釣りへ。

もちろんお世話になるのは松鶴丸。いよいよいいサイズ釣りたいっす!

写真は松鶴丸のブログより。ジギングは控えめでキャスティングがメインになるのかな?

イワシの影響でキャスティング、いわゆるペンシルベイトで誘うトップウォーターゲームがメインになりそうな感じ。

こればっかりはバス釣りの規模を大きくしたのと全く同じ。ベイトの影響で目線が上を向いているヒラマサをペンシルで喰わす。

それこそルアーだけの話ならザラスプークにもチャンスはあります。キャッチ出来るかどうかは別として。

なので今回はプラグも複数スタンバイ。

プラグのサイズはマッチザベイトではなく、魚のご機嫌次第

“イワシが小さいからルアーも小さめ” “ベイトがイワシだからイワシカラーで”みたいなのはもう卒業しました。いや、卒業と言うかそのレベルの話にはまだ入学も出来ていません(ヽ´ω`)

トップウォーターの場合も考えるべきはシンプル。カバーや対象に対してのアピールと手数。バスもヒラマサも同じ。

“ルアーを食べ物としてバイトしてくる” 魚に聞いたわけじゃないので定かではないですが、バイトの理由はそれだけじゃないでしょう。

いわゆるマッチザベイトの考え方はバスより海釣りをしている人の方が根付いている感じはします。

コレを言ったら元も子もないですが、本人がそれで納得しているならそれでいいんですけどね(汗)

どんな理由でも最終的に釣れなかった時の言い訳を道具や人、それこそ船長や他人のせいにするのは愚の骨頂。

結局釣るのは自分であり、ルアーでも竿でもリールでもないわけです。

基本とされる事をコンスタントに続ける気持ちの強さ。アレコレ考えるのは二の次、まずはここから。

初心を大切に! 基本を大事に! さあ、明日は釣れるかな?

ところで、ひらまささんって誰ですか?

トップへ戻る