日曜日はゴミ拾いの前に釣りしようかな? 『シルバースレッド SAR』

日曜日は霞ヶ浦でゴミ拾いに行ってきます。

第42回 霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up!・春の陣」を平成29年5月14日(日)、美浦村大山 旧海軍鹿島航空隊倉庫跡地にて開催します。 ゴミ拾いの後には○×クイズ、軽食会、お楽しみ抽選会、フリーマーケット、スタンプを集めて景品がもらえる「麺インブラックⅡ」と楽し

その前に…

ちょっと釣りしようか考え中…

巻き替えていくかな。

なんだかんだで使いやすいナイロンライン。

時期なんで大量に入荷しました。

ちょっと?だいぶ敬遠されがちな太いラインですが。

釣れない事はないです。

世間的に太い=釣れない感じですが、しっかりとメリット、デメリットを考える事で新たな世界が見えてきます。

確かに単純な考え方で細いラインの方が魚からわかりづらい。

あるかもしれません。

でも、それだけでないのがルアーフィッシング。

ルアーの動かしやすさにも係わる重要な要素であるのは間違いないです。

複合要素が多きすぎるので難しいですがね。

感じた方が早いと思います、20lbライン使ってみてください。

もちろん25lb、30lbも入荷してきてます。

太いラインは可能性をかなり秘めてますからね。

太ければ切れづらいし、伸びも減るし、大物でも安心だし。

バスフィッシングではいいことの方が多いと思います自分は。

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。

難しいゾーンに入っていきます。

あくまで個人的な意見なので。

書かない方がいいけど。

書いて得はないけど書いてみよう(笑)

でも、真剣に考えてもいいと思います。

最近チラホラ聞く『パワーフィネス』の言葉。

おそらく、次のムーブメント。

そんな大人の事情感もチラつく感じです。

そんな事は置いておいて(笑)

カバーに細めのPEラインはどうなのか?

もちろん大物を釣りたい前提です。

結果は取れる時もあるし、取れない時もあるでしょう。

切れない時もあるし、切れる事もあるでしょう。

ちなみに、どれも切れますけど。

サクッて切れるのはPE1号。

続いてPE8号。

最後はナイロン20lb。

あくまでも数値上でなく手の感じですけどね。

実際にやってもらった方が感じられるかと思います。

確かにこの釣り、上手く使えばありだと思います。

問題なのがキャッチ率だと思います。

魚信は多いのかもしれません、でもどう考えてもキャッチ率は低いはずです。

もちろん、テクニックも釣果に大きな影響を与えるでしょう。

魚をかける場所~ランディングまでがイメージできてるのが絶対条件。

確かに釣れるかもしれないけど、キャッチ率はいかほどなのか?

おそらく切れたり、巻かれちゃうと思うんだよな。

どうなんでしょうか?

20lbラインも切れたり巻かれたりするかもしれないけど。

どう考えてもスピニング+PEの方が魚のキャッチ率は低いと思うんです。

果たしてナイロンの30lbではカバーの魚が釣れないのか?

フロロの20lbじゃ釣れないのか?

ゴミなどのマナー問題が騒がれている現在。

もう少し、キャッチ率なんかも考えてもいいのかなと思います。

ラインが切れたらゴミなんで。

トップへ戻る