『Brutal Lure Gizmo 160 ブルータル ルア― ギズモ160』 プルプルペンシル

変化途中、変化しそう。

そんな雰囲気。

また一から探らないと…

ブログ書くのが遅くなってしまいましたがようやく並びました。

本当にルアーは奥が深い。

ロッドが違うだけでも動きが違う。

フックの種類、サイズが違うだけでも違う。

人によりロッドワークも様々だと思いますし。

なので色々な意見があるでしょう。

トップウォーターで釣るコツ。

誰よりも先にルアーを魚に見せる。

そして投げ続ける。

そして次に考える事。

深く考えると色々と考える事は多いです。

そして色々な考え方や思い込みが多いジャンルでもあります。

だから好きなルアーで楽しめればいいのかなと最近はつくづく思います。

そんな事で。

新感覚ダイビングペンシルベイト
水平姿勢でのスピードコントロールに長けたモデルになっております。
クランクベイトや大型ミノーの様なリップレストップウォーターのイメージからがスタート。
大きめの頭部は水圧の引っかかり感が少しありウォブリングしやすい構造となっています。

そしてわかりやすく3段階の浮き姿勢に対して真ん中の姿勢の時間を多くとっているので僅かなロッドワークで動かしやすい構造となっております。
混雑した乗合船でルアー操作時は大きなモーションにならなくても動かしやすく、ルアーに重さもありキャストもしやすいのでPE5号、6号セッティングでも使用可能なのも特徴になります。
ルアーを止める時間や魚との距離感が気になる方に使って頂きたいモデルになっております。
少し頭がダイブさせずらい時は硬めかロングレングスのロッドを使用してみてください。

トップへ戻る