『相模湾 アオリイカティップラン 清四郎丸』 今年はアオリイカが湧いてます。

昨日の火曜日は前回に引き続き外房は出船中止に。

さ~どうする。

もはやヒラマサにこだわらなくてもフグも練習しないととも悩む。

ヒラメもカワハギもやってみたいし…

バトルウィップ73Sもテストしたいし。

って事で。

茨城のシェフに教えてもらって。

1:1:1で。

結果、買った方が楽ちんか?

まぁーこんなのも経験で。

って事で今回もまたもやアオリイカ釣りに。

今回はちょっと閃いたので73Sを主軸に釣りしてきました。

アオリイカ釣りは出船して数分で釣りなので移動時間が少なくたくさん釣りができるのも魅力です。

そして凪…

きたきた難しい感じ。

待ってましたこの状況を。

ここをいかに攻略するかが相模湾のキーポイントなのかなって。

最初の場所では船が本気で動かず…

アオリイカの洗礼。

私だけスタートダッシュ決まらずでしたが仕方ないです自然の摂理。

そして次の場所では。

水面を見ると感じる。

激流。

潮が飛びすぎ。

ほんとに相模湾の難しいのがこれ。

風と潮の関係。

湾なので場所によってタイミングによって全然違う。

これをいち早く察知する事の重要性。

こうなると釣りの基本が大事になってくるかと思います。

水深が浅くても早い潮流の時は69Dが圧倒的に使いやすいですね。

そして潮どまりで73Sに持ち替えて色々なエギで実験を始める。

ロングレングスを活かしてエギを消しちゃうと良い反応が出た気がしてます。

わかりやすいアタリですかね。

エギも色々と試しましたが。

消しやすいエギがやはり使いやすい感じはしましたね。

その後は風も吹いてきてで。

もう少し使い込んでみようと思ってます73Sの方は。

セカンドステージテスターコテツはアオリに浮気。

正直です。

アオリイカ釣りの方が上手ですこの人(笑)

バトルウィップ63Nでかなり取ってましたイカ。

そして自分の69Dも使ってもらって。

毎度あり~(笑)

そして波に墨の8ちゃんも釣りまくる。

久々に一緒に釣り。

ちょっとお気に入りの写真になった1枚。

お互い釣りバカなので一緒にいろんな釣りしたのが懐かしい思い出です。

当時は夜に拉致されて沼津とか悲惨でしたが。

本当はいい奴なんだよ(笑)

エンペラだけ取られるけど…

並の釣行回数でないので、私が信用しているひとりです。

昨日はホントにうるさかったよ~じ君。

自称、相模湾のヒカルゲンジ。

自分でアイドルって言ってるのが痛いですが…

皆さんアキヤでヒラマサ釣ってあげてください。

喜びます。

ほんとに昨日は今年1番に笑った釣りになりました。

墨の掛け合い。

どんな自慢合戦だよ。

ジャイアン、ブタゴリラ、スネオに挟まれる私。

そりゃーそうなるでしょ!

ティップラン釣り不可能なぐらい笑って。

お店を通していろんな方が出会い。

いろんな釣りして。

ケンカして笑ってビールして。

釣りっていいですね。

今日は帰ったらこれが楽しみ。

相模湾のアオリイカ湧きすぎてます。

簡単に釣るなら今ですね。

この後は内房もアオリイカも待機しております。

当店では一番人気の69D

完売していましたが。

また入荷してきています。

手であたりを出すことに特化したロッドです。

新しい考え方のティップランロッドになります。

詳しい事につきましては店頭にてご質問ください。

トップへ戻る