『MASHIO 菜の花』 外房産まれメタルジグ

メタルジグ

ファンタジーとスピリチュアル。

そんな釣りが今は苦手です。

もちろん私も若いころはファンタジーもスピリチュアルな釣りをしていたのは事実。

ただそれは自分の釣り不足と経験の乏しさゆえに。

そして釣りに答えが無い事を考え知る。

その瞬間に。

ファンタジーとスピリチュアルからの解放。

自分の釣りがこんなに辛く楽しいなんて。

作り手と使い手の架け橋に。

妥協なき感をチラチラと個人的にはチェックしてましたが。

まだ謎のメタルジグ。

気になるけど、どんな感じなのか。

って事で製作者の松原さんに聞いてみました。

【MASHIO 菜の花】

ヒラマサ激戦区の千葉県外房エリアにて圧倒的な現場テストを繰り返し製品化に至りました。

春夏秋冬のヒラマサはもちろんサンパク・ワラサ、カンパチ等の青物、マダイ、マハタ、ヒラメ、スマなどでも釣果を確認しています。

斜め(横)引きを主軸とした外房の釣り方にマッチしたメタルジグです。

水深30m前後のポイントが多い外房で使用頻度の高い130gと150gからのリリースとなります。

90g、110g、180gモデルも順次リリースの予定です。

形状は使用シチュエーションに合わせて、サイズ毎に変えています。

軽いサイズはアピール力と引き抵抗感が増すように体高を高く、逆に重いサイズは深い水深での使用を考慮して引き抵抗感が少なくなるように体高を抑えたスリムな形状に仕上げています。

おすすめの使用方法 「菜の花」をキャストして糸が斜めになった状態でジャークを行います。

ロッドの振り幅を抑えたリーリング中心のワンピッチジャークに時折ラインスラックを与えることで、ミノーの様に泳いでいた「菜の花」が急に頭の向きを変えて横を向き、それがバイトポイントとなる動かし方のコツです。

ロッドの振り幅やスピードを変えたりラインスラックを与える間隔を変えたりして魚が反応するアクションを探してください。

メタルジグのキャストには危険が伴いますので、タックルバランスが悪い状態で無理なキャストを行うと、糸がガイドに絡まってジグが跳ね返ってくる場合があります。十分周囲に注意してキャストを行なってください。

【推奨タックル】

ロッド:長さ6〜6フィート中盤のハリの強めジギングロッド、または7フィートクラスのライトキャスティングロッドを使用する場合もあります。

リール:8000番ハイギアのスピニングリール ライン:PE3号、リーダーはフロロカーボン12号(40lb)長さは2ヒロから4ヒロ

フック:スーパーアキアGストロング24号、アシストライン3cm (必要以上に太いフックは吸い込みが悪くなるのと、ジグのアクションも阻害してしまうのでオススメしません)

リング類:スプリットリング6.5〜7番 ソリッドリング5.5〜6番

ルアーをキャストする時は周囲に十分注意してください 強い衝撃が加わるとアイや本体が曲がる場合があります。

参考にしてみてください。

機会があれば文字でなく映像で説明もとれたらと狙っておりますのでお楽しみにしててください。

個人的にぱっと見で自分に合ってそうだなと使用してみましたが、やはり想像通り。

自分の道具のバランスに試行錯誤せずにすんなり合ってくれて、しっかりとヒラマサもキャッチできました。

10minutes Yahoo!店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
10minutes Yahoo!店ならYahoo!ショッピング!ランキングや口コミも豊富なネット通販。LINEアカウント連携でPayPayポイント毎日5%(上限あり)スマホアプリも充実で毎日どこからでも気になる商品をその場でお求めいただけます。

ジギングもいろいろ。

色々なジギングを考えて挑戦。

外房のヒラマサはやはり格別です。

タイトルとURLをコピーしました