スタンフォードの新しい提案! 『Stanford Baits / Missing Link Jig』

クランクベイトでお馴染みのあのメーカー

ソニーBやテネシータフィーと並んで有名なスモーキンシャッド、Cフラット。そのスタンフォード社からリリースされたのがこのミッシングリンクジグ。

一応“ジグ”とは言っているものの、ヘッドから伸びたワイヤーにはブレードが。一見スピナーベイトの様相。

動画やメーカーの説明を見ると縦のフォールでのアクションがキモみたい。まあそれは一つの例。イメージ次第で無限大の可能性があります。

それこそトレーラーを付けて横のアプローチもいいですね!それでもデザイナーがどんなイメージを抱いていたのか。そんな事を考えてみるのも楽しいです。

クランクベイトから突然のジグ。それもスタンフォードだけに気になる存在です。

オンラインショップ

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。
トップへ戻る