RTO人気すごいですね。 嬉しいけど、ちょっと気になる…

大森さん優勝おめでとうございます。

ちょっと、この記事を書こうか迷ってました。

書いても意味がない…

でも、書いてほぉーって思ってくれる人がいたら。

こんなきっかけで皆さんがクランクベイトを自分の釣りに取り入れるきっかけになってくれればなぁーと思っています。

このバグリ―B2は以前、大森さんがお店に遊びに来てくれた時に。

ちょっとクランクに寄り過ぎかな?

って思うんです私。

私自身はトーナメントに興味がないのは事実です。

釣りをするのは自分ですから。

まだまだ、自分が釣りたい欲ですかね。(ヒラマサだけど)

バスもヒラマサも一緒なので。

そうそう、もっと釣りが上手になる為に。

せっかく大森さんが勝ったんだし、ここのチャンス。

ほんとに、もう一歩踏み込むと更に楽しいかなって思うんです。

どんな季節、どんな場所、どんな水温などなど。

最低限でこんな状況ってのは把握したいじゃないですか。

そこで、初めてルアーが生きてくる。

やみくもにRTOを投げたって釣れるかもしれないけど、はめてやった感欲しいじゃないですか。

さて、今回の大会を検証していきましょう。

ちょっと私もいろいろと調べてみました。

今回の大会場所はアラバマ州のマーティン湖。

地図で見るとダム湖なのかな。

この湖の平均の深さが41ft(約12m)ぐらいでしょうか。

わかりやすくすると、規模の大きい亀山湖みたいな感じでしょうか?

水位は高い状態みたいですね。

さて、誰もが気になる水温です!

華氏50°F前後。

およそ10℃前後って感じでしょうか?

水色はジンクリア。

季節進行的には、ウインターからプリスポーンにはまだ早いかな?って言葉では表しづらい感じでしょう。

ほぉー。

いわゆる、ノーザンラージだとまだまだ難しい季節なんではないかと推測。

今の日本のよりひと月ぐらい進んでる感じでしょうか?

行ったことないのであくまで、私の推測ですよ。

そんな状況でクランクか~。

すごいな~。

って思ったんです。

どんなスポットで釣ってたの?

ちらっとバスマスターの動画を見てたんですが。

メインになったスポットがメインのリバーチャネルとスポーニングポケットの2股に別れた場所をアップでクランキングって感じでしょうか。

使用ルアーがRTO1.5でキャスト後にロッドを立て気味。

回収後は次回キャスト前にロッドを振っているのでゴミがフックに引っかかる感じですかね。

ってのを考えると、水深は1m以下でしょう。

この季節進行だし、カレントがないスポーニングポケットで釣っていたのかな~?なんて思ってたんですが…

めっちゃ流れがある方じゃん!

って興味深々。

あぁーだからXGギアか~。

XGでなければクランクが動かないんでしょう。

って考えると思ってるより流れてる?

こんな場所で水温10℃でしょ???

すげーな!

どうなんだろう?

私の見解的にはプリスポーニングって言うより。

産卵前の捕食のタイミングでシャローに上がってる感じなのかな?って思ったり?

わかんないですけどね?

アーリープリスポーンってな感じで書かれてたりで。

プリプリスポーニング?

ってスポーニングを細かくしすぎじゃない?

でも、わかるその表現方法。

気になったのがトータルウエイト。

大森さんのトータルウエイト59lb

2位の方で52lb

???

どう思います?

私は季節的にもう少しウエイトが出てもいいのかな?って思ったんです。

大森さんで4日間で約26550g、1日平均が6638g、1匹の平均1328。

んぅ~。

どうなんだ?

この季節進行で結構な方がリミットメイクしてそうだし。

入れ替えもしてる感じじゃないですか…?

そんなにノーザンラージマウス釣れる?

???

ここで?が私の中で沢山出てきてしまいました。

日本でこの状況はなくない?

しかも日本だったら、もう少しウエイトありそうだし、リミットメイクこんなにできる?

そして更に調べてみました。

ラージマウスバス、スポッテッドバス

今回の大会のマーティン湖にはラージマウスとスポッツが混在しているとの事。

ってなると。

釣れているのは…

ラージより低水温に強いスポッツなのでは?

ウエイトも少しラージより軽いですしね。

でも、キッカーフィッシュはラージマウスでしょうね。

スポッツは日本では馴染みがないので。

私も未知な魚です。

って推測です。

スポッツは外見はラージに似てますが。

生態はスモールに近い感じなのかな?

ちょっと釣ってみたいですね。

ちなみにディープではめていた選手もいるようですね。

どの季節進行のバスを狙うか。

広大なアメリカをトレイルしているトーナメンターの方はすごいと思います。

魚を追えるのがすごいっす。

こんな感じで推測して自分の釣りに。

トーナメント優勝者のルアー。

何かあるのでは?

確かに気になります。

欲しくなります。

釣れる気がします。

いいと思います。

きっかけはそんな感じで。

かっこいいもんね。

そんなカッコイイアングラーになる為に。

しっかりとした情報を手に入れて。

少しトーナメントの背景を気にして。

せっかくなので自分の釣りにプラスにしてみたらどうでしょうか?

楽しいルアーフィッシングをしていきましょー。

トップへ戻る