『リールオーバーホール』 作業途中でご相談させていただく事もあります。 

本日も作業の方を進めさせていただいています。

リールの方は只今、お預かりしている物に関しましては終わりがようやく見えてきたところです。

お預かりして何もなければ1週間ぐらいで返却可能になります。

ロッドの方はロッドモーターフル回転で作業させていただいております。

モーター1台だけなんでコーティング作業が追いついていません。

只今はMCワークスを作業中です、ヘミングウェイ、ワールドシャウラ、カーペンターと順番に作業しています。

さて、今回ご依頼されたリールですが。

残念ながら途中で作業をキャンセルさせていただいたリールの事例です。

まずはこれです。

ダイワさんの新しいモデルのスピニングリール、スティーズですね。

これ、残念ですが簡単には開かないようになっていました。

開けにくくされても、開けたくなるのが心情ですが。

いろいろと開けてきて思う事も多く諦めました。

ダイワのスピニングリールは当店では分解不可な物もございますので事前にご相談ください。

一緒に預けていただきましたステラの方はボアードオイルにて無事に完了です。

そして、もう1件。

01のステラになります。

メーカーで修理不可のモデルになります。

パーツ供給は終わってしまっているモデルになりますので当店でできる事はクリーニング作業と注油作業のみになります。

リールを開けていくとこんな感じですね。

腐食と錆。

更にボディーを開けていくと。

クロスギアにベアリング固着。

無理に外すとピニオンを傷つける可能性があるのでこのまま。

メインシャフトは曲がりとシャフトピンが入る部分が腐食により破損。

クロスギアが抜けない。

グリスで見えなくなっていましたがクリーニングしたら。

クロスギアが変形です。

ゴム系はもちろんアウトです。

ベアリングなども錆などで違和感がある物が多く。

多数お預かりしていたのですが、2台目を開けたところで、私の判断で作業の方をストップさせていただきました。

本来はご依頼されて作業するのが筋だと思うのですが。

やはり限界はあります。

メールにて内部の写真を見ていただき。

事情を説明して作業をストップさせていただきました。

無理に作業しても仕方がないので。

新しいリールの提案をさせていただきました。

古いリールやハンドル回転時に大きい違和感があるリールは良好にするのにパーツの交換などで金額がかさむ場合が多いです。

宅配ですと送料もかかってきます。

ご依頼いただく前にお電話やメールにてのご相談も受けていますので。

お気軽にご連絡ください。

こうなる前にお早めにご依頼ください。

トップへ戻る