常識を打ち破れ! 『ベアリングに1滴オイル』

オイル&グリス

本日もコツコツと作業しています。

 

あぁ~ヒラマサ釣れてるな~(笑)

 

2017年、早々にお店で熱きリールバトルが勃発!

 

リールの構造の話題です。

 

とても熱い口論がお店で繰り広げられました。

 

そして…

 

1週間後にお互いに認め合う形で和解。

 

せっかくなので、この熱い討論は後日まとめて文面にしようと思っています。

 

ケンカ討論?するほど仲がいい(笑)

 

良きライバルであり、理解者。

探求心って大事ですね。

 

ちなみにリールイジリの猛者もお気に入りなのがボアード製品。

ここだけは同じ意見でした(笑)

http://10minutes-tokyo.com/?mode=grp&gid=1161082&sort=n

ベアリングに1滴のオイル?

おそらく、この考えはリールをいじる方には常識になっているはず。

 

果たしてそれがベストなのか?

 

 

オイル界の神様!

ボアード隊長の助言もあり10minutesではベアリングにオイル1滴はしていません!

 

なんなら「ドバっと」裏表これでもかっ!

 

ここでも時代に逆行します(笑)

 

さてなぜか?

 

考えてみればわかる事。

 

金属保護を目的にしているからです。

 

確かにベアリングの回転に抵抗は邪魔な物なので、なるべく減らしたい気持ちはわかります。

 

しかし、金属保護といった部分では頼りなさがあるのは事実でしょう。

 

基本的にリールの耐久性を1番に考えると。

しっかりとベアリングにオイルをつけた上で余分なオイルをふき取る!

これが自分たちのリールイジリではベストだと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました