『18ステラ オーバーホール』 自分で開ける方は慎重に!

今年発売の新しいステラをお預かりでした。

開けてみたかったんですよ。

ただ今回のお預かりは訳アリ品。

やはり気になるのは外見より中身だと思う私。

この写真…

あれ?

気付いた方はすごい!

メインシャフト切断。

リールの中はこんな感じですね。

分解図上ではそんなに以前のステラと変わらないかと思っていましたが。

自分の目で見てみると印象は違いますね。

いいリールです。

さて、困ったことに。

金属が変形してギアが抜けません。

無理くりしかない!

普通だったらパーツ交換ですね。

ベアリングは抜けませんでした。

なんとかボディーは大丈夫かな?

後はパーツ待ちで。

って、自分でやるとかなり高く付く場合があるので注意です。

今回はメインギア、メインシャフト、ピニオンギア、これだけでも高いです。(他にも多数)

もちろん、無理矢理にやっているので傷も多数です。

特にスピニングですが、ご自身で開けて元に戻せないでお預かりするパターンが多いです。

ご自身で開ける場合は要注意ですね。

最悪の場合はご臨終になる事もあるかと思います。

ちなみに、この18ステラはロータークラッチがバラバラになりやすい構造でした。

バラバラになると小さいパーツなので厄介です。

開けない方がいいかもしれませんね。

トップへ戻る