相模湾キハダマグロ 英盛丸

もう7月。

前線が取れてきたら、もう夏ですね。

って、この時期になると盛り上がってくる相模湾。

個人的にはあまり行かないのですが。

昨日は怖い先輩のお誘いで相模湾へ行ってきました。

只今、私の車が車検でないのでお迎え付きのVIP待遇で(笑)

色々な船に乗らせていただいてますが、昨日は初めての船なので緊張とワクワク感ですかね。

城ヶ島の英盛丸さんへ。

ルアーのお客様には、堅牢なキャスティングレールも設置し、全員ミヨシでキャスティング出来る相模湾では珍しいフラットなデッキで、ビギナーから女性まで安心してキャスティングゲームをお楽しみ頂けます。

サクッと準備して出船です。

通い慣れた海と違う海に違和感がありましたが。

どこか懐かしい感じも。

たまには、こんな感じもいいもんです。

海に目を凝らしながら、鳥を見ながら、空気を感じながら。

どの釣りにも言える事ですが、変化とゆう大事な要素を感じながら。

ロッドを握っている時だけを釣りとするのか、1日を通して釣りとするのか。

変化が増えてくると、そろそろかとワクワク感が…

投げてみると。

メジ。

メジ。

メジ。

メジ。

そして。

カツオ。

小さい群れと判断して。

船を走らせる。

魚が浮く一瞬のタイミング。

船長の操船とアングラーの呼吸が合う瞬間。

私の悪友が呼吸を合わせて。

マグロ素人の私にとって頼もしい存在なのです(笑)

このドスンと構えた感じが個人的に好き(笑)

いいサイズのキハダでした~。

早く泳げる魚は目がデカいですね。

視力もよさそうです。

後は港に戻りながら魚探し。

最後にイワシの反応に付けましたが。

シイラチェイスでフィニッシュ。

色々と感じる事も多く。

勉強になった釣行でした。

船長さんも優しく楽しい1日でした。

ありがとうございました。

さて、今日は釣れたカツオでビール3杯だ!

トップへ戻る