エレメンツチーム ダヴィンチで相模湾シイラ初挑戦! 『秋谷 清四郎丸』

エレメンツとお付き合いしてから数年…

自分なりに何か協力できることがあればとは日々思ってきてまいた。

基本的に物を仕入れて販売するだけの釣具屋。

エレメンツのダヴィンチもそうです。

それも協力かもしれませんが。

それは誰にでもできるしな~。

釣具を売る努力ですかね。

人気の物、新製品、レアな物をお店に並べる。

人気がない物、古い物、レアでない物は仕入しない。

確かにこれが手っ取り早い商売なのかもしれない。

そんな事に葛藤の日々。

前に進むしかない!

って事で。

こんな考え方や、やり方もあるよ!

って事で。

エレメンツチームを初めてのシイラ釣りへ。

ルアーは可能性しかない!

これ用、あれ用。

これにはコレ。

この動きは、あのカラーしか。

自ら釣りを狭くしたら勿体ないですからね。

シイラは関東だとオフショアキャスティングの登竜門かと思います。

近年だと少し人気は下がった感は否めませんが。

シイラはシイラで勉強させていただくことが多いです。

特に目視しながら釣りができるって所がいい所でしょう。

プラスで船の釣り。

バスだって、スズキだって、ヒラマサだって船の釣りは基本同じです。

船の動かし方をしっかりと理解する事も大事な要素かと思います。


今回、お世話になった船は前回に引き続き清四郎丸ヨージ船長。

こんなに夜明けからハイテンションな船長は他にいませんね(笑)

今回は撮影も兼て。

海へ出ると少し北寄りの風と曇りで寒い感じ。

そして数分…

カメラマンがノックアウト!

船酔いです。

って事で映像はないかもしれませんね(笑)

シイラはみんなで海を観察しながらの釣り。

集中して水面を観察。

前回のマグロから数日でしたが濁りは変わらずですかね。

って船を走らせながら定番のパヤオに到着。

そして下から湧いてくるシイラたち。

ただなんか食わせるまでいけない。

食わせてもバラシも多く苦戦。

厄介なのが潮流2.5ノット。

これまた潮と風が同調しちゃって更にですからね。

更にリールの問題。

ルアーが動かないんです!

この現象はバス釣りだと感じづらいのですが。

もちろんどの釣りをする上でもどんな釣りにおいても重要な要素。

これもまたしっかりと理解して、バス釣りをやるとまた釣りへの取り組み方が変わってくるんだと思います。

ただありがたいのはシイラの好奇心。

あんな魚なかなかいませんね。

すごい好奇心。

中にはデカいのもいるんですがね。

距離とスピードが足りない。

釣って難しいですね。

こんな感じでランガンスタイル。

もちろん、船を走らせながらゴミを狙ったり、鳥に付けたり。

まぁ~忙しい。

休憩してる暇なんてない。

西は水色が綺麗でしたね。

でも潮が速いので岸際へ。

ゴミが多い所で。

潮も緩やかなのでシイラキャッチしていきます!

こんな感じで続けられるかなと思いきや?

すぐ近くでシイラが跳ねてる。

いや、跳ねてるんでなく逃げてる。

キハダでしょう。

そりゃーシイラもビビっちゃいますね。

サイズはやはり沖のシイラの方が大きそうでした。

風が落ち着いたところでまた沖へ。

カツオとシイラ。

ちょっと私はカツオお土産にとルアーをジグに変えてみますが。

早いな~。

海に上がると出たがりヨージ君炸裂(笑)

ちょっとサイズが上がらなかったのは残念でしたが。

ルアーの可能性と楽しみ方は無限大って事で。


シイラ釣り。

この夏が本番。

もちろん専用の物も発売されていますが。

バス釣りの道具でできなくはない釣り。

いろいろな事をやってみて感じる事は良い事だと思います

相模湾なので東京からのアクセスもいいです。

まだまだ、シイラが抜けるような水温でもないですので。

是非ともダヴィンチを忍ばせて挑戦してみてください。

トップへ戻る