『Rebel Jumpin’ Minnow T10 レーベル ジャンピンミノー』 トップウォーターを考える

ベースとなる釣り。

みなさん様々かと思いますが。

間違いなく私はバス釣りの方向からルアーフィッシングを考えています。

これに正解も不正解もなく。

自分の考えに対して、自分なりに考えて挑戦して笑顔になったり悔しかったり楽しかったり。

それが釣りなのかなと思っています。

もちろんシイラの経験も取り入れて、ただシイラ色には染まりません!

先日、読んでいた本にステキなフレーズがありました。

「人の解釈を聞いて自分もわかった気になってないでしょうか。

信頼できる人物の解釈だとしても、それも思い込みの1つ。

思い込みは無数にある。

どれを選択するのはあなたの自由です」

バス釣りが好きなんです私。

怪魚ブームの時に少し注目されましたが今は…

ただステキなルアーであることは間違いない。

レーベルルアーだとわかる外見。

個性。

これをカッコいいと思うのか、ダサいと思うのか。

釣れなそうと思うのか、外見はどうでもいいと思うのか。

自由ですね。

わかりやすく。

ウキとおもりの関係が時になる訳です。

魚の位置で時を使い分ける。

だから使い分けが必要なんだと感じるようになりました。

どの要素で仕掛けるか。

ルアーだからできる考え方。

観察と閃きは大事に。

トップへ戻る