『Yamaga Blanks Galahad 633S ヤマガブランクス ギャラハド 633S』 初めての外房ジギングロッド選び

先日のキャスティングロッド選びに続いて今回はジギングロッド選び。

始めてみたい方は参考にしていただければと思います。

読んでいただきどう思うかは自由です。

いや違うと思うのも自由。

何を言ってるんだかと思うのも自由。

変な事を書いてるって思うのも自由です。

それまた、いい事書いてるなぁ~と思うのも自由です。

始められる方は始めが肝心です。

何を信じるかで今後の方向性がだいたい決まります。

ここが最初の試練です。

最近だと外房のヒラマサの道具のお問合せ多いですね。 始めてみたい。 ここで、まずはの悩み。 道具選び。 何がいいん...

ヤマガブランクスのジギングロッドが入荷してきました。

さてジギングロッドも選び。

これも各メーカーから色々と発売されてますね。

じゃー何が良い?

たぶん、何でもいいです。

どれでも魚は釣れると思います。

ちなみに私は究極どれでもいいです。

ただ、買うんだったら好きな感じのを使わせてもらいます。

そう、私が選ぶ基準は自分が好きか苦手かだけです。

デザインで選ぶのだけはやめた方がいいと思います。

いわゆるナチュラルにジグが動くとか、バレずらいとかは気にしてません。

雰囲気や言い方はカッコいいですが、よく考えてみると自然にジグが動くってどんな感じなんだろう、実にアバウトすぎて意味が解らない私です。

そんなに簡単に心を開かないでください、疑いを持ってください。

これ重要です。

逆に信じる物は救われる戦法もありますが。

ここ難しいんです。

何を言っても間違ってないし。

ただ正解でもないんで。

って事を大前提にすると大事なのは自分なんです。

自分がどう考えるか、どうしたいか。

これ最初からは難しいと思います。

なので。

まずはで1本自分の指標になる物ですかね。

今回の633の様な真ん中なスペックがいいと思います。

これで弱いと思えば次は強い物。

これで長いと思えば次は短い物。

そんな感じで選んでいったらOKだと思います。

ちなみにジギングロッドも1本より2本、2本より3本と最終的になっていく感じも無きにしもあらずです。

続けていれば色々な想像や経験が生まれると思います。

次のロッドはそんな時です

季節によって様々です。

魚も自然も場所も使うルアー色々な場面があると思いますので。

お店もそろそろ開けると思いますので、会って話してみてから始めれればと思います。

トップへ戻る