『Z-MAN Chatter Bait Elite ジーマン チャターベイト エリート』 オリジナルとコピー

商品名がルアーの種類に。

凄いルアーですチャターベイト。

って言ってもオリジナルも影が薄くなってきた2020年夏の日。

バス釣りも色々なバス釣り、色々な目的があると思います。

とにかく釣りたい、大きいの釣りたい、このルアーで釣りたい。

それに人間の性格、経験、これからの自分の釣りと色々な物が絡み合って。

もの凄い極論だけど日本の狭い内水面ではルアーはヤマセンコーのグリパンだけでも年間相当なバスが釣れると思う。

あれがいい、これがいい釣りの討論で過激にならずに、悩まずに済む。

でもいろいろな種類のルアーが存在するからバス釣りは面白い。

ルアーの意味。

1日の限られた時間の中で攻めたり守ったり自分のベストを。

釣れなかったときは魚に参りました。

複雑だけど単純な事なんだろう。


さて皆さん、人それぞれチャターベイトの位置づけがあるかと思います。

このルアーの最大の特徴は「楽」そんな感じに私は感じます。

広い範囲を釣る釣り方においてはですが。

特に狭いピンスポットをわざわざチャターベイトで釣るって方も少ないと思いますし。

さて、広範囲をスピード感を重視して釣るルアー、代表的なのがクランクベイト、スピナーベイトですかね。

そして、そこに新たに定番として加わったのがチャターベイトですかね。

どれが釣れる、これがいい。

そんな事はどうでもよくて。

水深、スピード、対カバーに対しての順位付け。

これを自分なりに把握して効率ですかね。

答えなんてやってみなきゃわからないんです。

釣りはいつでも挑戦。

1日で細かい事を少しづつ。

それしかないです。

チャターベイト。

範囲が広い。

優秀。

そんな感じでしょうか。

モヤっと終わります。

トップへ戻る