『東京湾 シーバスキャスティング』 噂のコノシロパターン

北風ピューピューの最近。

またもや火曜日は予報が悪いですね。

こればっかりは仕方ない。

予報が変わるのに期待です。

昨日は先日乗り合いで一緒になった方がロッドを購入してくださいました。

ありがとうございます。

来週また船に乗るとの事だったのでロッドの配達へ秋谷へ。

空はイイ感じの曇天。

よーく水面に目を凝らすと。

かなり速そう。

釣れそう~。

沖には鳥山。

港の中を観察してるとアジが沢山いますね。

カバー周りに目を向けるとミニアオリが沢山。

まだまだアオリイカはこれから楽しみですね。

ちなみに昨日はトップで9ハイって言ってましたね。

引き続き好調な模様ですアオリイカ。

さて無事にロッドを船長に預けて向かうは『東京湾』

やる気です私。

G.Loomisの方も任されているので。

しっかりと使っていきます。

って事で。

噂のコノシロパターンってのを自分なりに検証に。

スズキ自体は釣った事はあるのですが、そんなに本腰を入れるような感じではなかったので。

今シーズンは真面目に取り組もうと色々と道具も揃えてリールも買ってって感じです。

ザックリ理解している事は産卵前のタイミングって事だけ。

状況的には北よりの強い風と雨。

出船するとイワシが沢山。

釣れそー。

そんなワクワク感。

今回の釣り方は表層レンジ。

私はボーマーソルトのトップウォーター(ペンシルポッパーみたいなルアー)

噂の釣りウマはプロトのデカいルアー。

船長は実績しかないマッドキャップブロス マグワン220スリム。

投げ込んでいくとマグワンに反応。

いるね~。

ただ難しいのがタックルバランス。

風向き、潮向き、船の大きさ、レングス、ギア比、ライン、ルアー、動かし方。

どの釣りでも共通ですがここが大事ですね。

このルアーが釣れるとかではない感じ。

釣りの基本的な部分。

バスとヒラマサの経験を活かして、ある程度は次回の釣行で合わせて行けるかな。

そして発見!

『コノシロ』

スズキが食っているであろうベイトのひとつだが。

追われてる感じもない。

おそらくコノシロには少なからず付いてるとは思うけど。

この状況でコノシロルアー。

安易すぎる…

ベイトは居ないより居た方がいいけど。

大事なのはそこじゃない感はすぐに感じる。

ルアーをコノシロっぽくすることで釣れるのか…

考えた結果…

んぅ~ないな。

って事で、わかっちゃいたけど噂のコノシロパターンってのはある程度は想像がついたので自分の中でひと段落。

そして観察をしていて思う事。

色々な魚を釣ってきて、色々な状況下で釣りしてきて。

基本的にルアーフィッシングなので他の魚とも類似する点は多い。

ただスズキに合わせる事の重要性。

世間のイメージ。

これが良くないかなって。

思い込みをどうやって払拭させるか。

結果、船長がマグワン220でお見事な1本。

あたしは1回もわっと。

ルアーに対しての明確な出方の違い。

そして場所による明確な変化。

見え方、見せ方。

ちょっと楽しくなってきました。

考えてる時間が釣りは楽しいです。

リールもう一台追加だ!

トップへ戻る