外房のヒラマサ攻略のお供に♪ 『マッドキャップブロス ジャックポット』

奇跡のヒラマサから5日。

まだまだ余韻に浸っているわたくし。

本日は負傷したルアーのお手入れも。

まだまだ、この子には頑張ってもらいます。

あと年内にヒラマサ5匹ぐらいお願いね♪

いい子たちが揃ってますよ~♡

サイズは140~220サイズまで、近海で使いそうなサイズは揃えています。

GTに関してはお取り寄せって感じですかね。

もちろんGTの大きいサイズも作ってくれるんです。

自分は今220HFのGT用をこっそり注文中です。

ここでよく質問されるのが。

サイズと仕様。

このジャックポット100mm単位で刻まれています。

その他に、ノーマル、HF(ハイフロート)HFS(ハイフロートスリム)WHF(ワイドハイフロート)

素材と形状で更に細分化されています。

でも、そんなに難しく考える事なしで。

ヒラマサありきのタックルバランスで選んでいただけたらと思います。

ライトなタックルバランスでは大き目のルアーは使いづらいし。

ヘビーなタックルバランスでは軽いルアーは使いづらいです。

万能サイズが170とか180HFSですかね。

10minutes ONLINE(テンミニッツオンライン)池袋にあるルアー釣具店 こだわりのアイテムを揃えてお待ちしております。

自分なりのジャックポット200HFSの使い方

自分の中で絶好調なジャックが200HFS。

去年は針がかりの問題で苦戦しましたが。

何となく今は軌道修正できてきている気がしています。

もうガマンの限界! そうだ! シンヤ船長に会いに行こう~! と決めた時からテンションMAX! ...
先日の大失態から数日... 悔しさと、ムズムズ感しかない日々。 おそらく、一緒にいる徳は悟ったのであろう。 「行っ...

最終的にはタックルバランスの方が重要なので。

一応、細かく書いておこうかと思います。

自分が200HFSを使う時のタックルですが。

ロッド:リップルフィッシャーアクイラ815

リール:ステラ10000XG

ライン:ヨツアミ キャストマン ブルーSP#5

リーダー:ナイロン130lb

これがジャックの200HFSを使う時のタックルです。

今の自分の中だと、これがベストセッティングですかね。

自分の思い通りに動かせる感じです。

あくまで自分の感じです。

フックは結局ですね、だいぶ悩んだ結果トレブルフックに落ち着きました。

これに付けているのは、がまかつのSP-XH 4/0サイズです。

オーナーだったら3/0サイズがいいかと思います。

後ね、自分はこれ必ず付ける派なんです。

スイベル。

何となくですが、付けた方が綺麗に動かせる気がして…?

ってより、こっちの方が自分の動かし方には理にかなっている。

色々やってみた結果です。

ここら辺も好みなので、いろいろと試してみてください。

最後に自分なりのルアーの動かし方ですが。

とにかくヒラマサに見つけてもらう!

これが一番に思ってることです。

なので、ヒラマサではマッチザベイトの考えは自分は皆無です。

基本はルアーフィッシングなので!

何となくですが、外房ではトップレンジの出かたには2パターンある気がして。

『バシャーん』と『チュピっ』てイメージの(笑)

できたら勢いよく水面に出て欲しい。

ルアー後ろに付いてのキスバイトはなるべく避けたい。

何となくですが、アングラー側でヒラマサのストライクをコントロールできる気がしています。

まだまだ、言い切れませんがね♪

ヒラマサのルアーフィッシングはまだ謎が多いのは確かでしょう。

ただ、今まで仮説でしかなかった自分の夢物語の点と点が繋がりつつあります。

おそらく、この仮説を唱える方は少ないと思います。

まだまだ検証段階なんですがね。

そんな自分の仮説を結論に近づける為。

絶対に必要なルアーがジャックポットなのです!

トップへ戻る