水は入りますのでオイル切れに注意です。 『13ステラSW8000HG オーバーホール』

これでようやく作業系はひと段落です。

リールは最後に1台。

ロッドもガイド待ちが1本。

ってな感じで久しぶりにリールの記事です。

今回のお預かりはステラSW8000HG。

以前は異音がなかったようなのですが。

ハンドル回転時に急に異音が発生しだした!って事でお預かり。

気になりだすと…

気になってしまうんです。

気持ちはよくわかります。

って言っても形ある物は壊れていきます。

使えば使うほどに劣化するんで今回の異音も仕方ないです。

さて、開けていきます。

まずはロータークラッチ錆。

錆びてるバネは交換して。

この小っちゃい金属は磨いて。

地味な作業です。

交換した方が早いですが。

バシバシパーツ交換すると値段が高くなるので。

最小限で作業しています。

白いの付着。

これも磨く。

腐食みたいになってます。

こちらは歯ブラシでゴシゴシ!

メインギアにお水。

このお水はどこから侵入したかはわからんですが100%防水ではないかと思うので注意してください。

空気中に水分は必ずありますので。

結露みたいになる時もあるかと思います。

間違いなく水は錆や腐食の原因になるかと思います。

究極はどちらかなんでしょう。

大事にこまめにOHして使うか?

使い捨て感覚で使うか?

塩の力は偉大です。

中はこんな感じです。

ギリギリかな?

これ以上オイルっ気が無いとパーツが壊れていきます。

水分が悪さして錆と腐食です。

そうなるとパーツ交換なので、これまたお金がすごくかかるんです。

ここからはいつもと一緒です。

綺麗にして。

ボアード製品で組んでいきます。

これまた13ステラは癖が強い(笑)

自分はだいたい1発で決まんないんです…

リールも個々に個性がありますので、少し調整させてもらって完了です。

ご依頼の異音は消えましたね。

トップへ戻る