『Terrier! Bull100 Bull75 Fox 75テリア ブル100 ブル75 フォックス75』 ルアーを通して伝えたい事。

最近、改めて感じる。

人それぞれ釣りとの向き合い方はあるだろうが私は思う。

釣りはそんなに簡単じゃない。

イメージ通りにいかない事の方が多い。

本当に掴めてもひと時。

何とか掴んでいる時間を長くしたいとは思っていますが。

できる事は色々と知って現場に通う事だけかなと…

最近は朝練を始めた私でございます。

ハンドメイドルアーを知る。

もの凄く良いきっかけになると思います。

数字が書かれた事により、いい物を自分の中で勝手に作り出し思い込むのか。

数字がかかれた事により、違いを知り今後の自分のルアー釣りを変えていくのか。

ルアーに書かれた数字により新しいルアーフィッシングが始まる方が増えてくれたらなとは思います。

これがハンドメイドルアーの楽しい所ですね。

この数字は斬新です。

そして凄く共感できる。

これって中々できない事かなとは思います。

ハンドメイド、天然素材、そして釣りを理解して初めてできる事。

どの数字のルアーでもいい時もあれば、ダメな時もある。

何かが違うなと同じルアーでも数字違いのルアーを投入したら使いやすくなったり。

これがいいって言うより、どれも出しどころ、どれも良い時がある。

これがリアルな釣りで、作り手の素直な意見を形に表した今なんだと思います。

もちろん、これがベストバランスと言い切ってあげた方が親切なのは事実でしょう。

ただわからない事に対してこれがベストのバランスと言い切るのもナンセンス。

そのベストバランスが状況によって異なるから状況に合わせて自分なりに違いを理解して使ってみてください。

釣りを重ねて自分の作り出したルアーが教えてくれた答え。

それがこのルアーの新しいメッセージ。

世の中には色々なルアーがある。 その中でも個性の塊なのがハンドメイドルアー。 そんな個性も拘り方は人それぞれ。 何を拘る...
均一に物を作る難しさ。 細かい事を言うと全て違う。 同じルアーでもカラーでの違いがあるかと思う。 使う塗料の量やトップコ...

バルサ素材だから、ハンドメイドの味。

均一に常に同じものを作る事も大事だけど。

素材の違いをあえて受け入れて天然素材だからの楽しみ方を。

比較をしやすいように、わかりやすく数字をボディーに。

もちろんこのルアーを使うロッド、ライン、リールでも感じ方は変わると思います。

このルアーに使う接続金具、スプリットリング、針でもルアーが変化すると思います。

どんな状況で使うのかでも変わってくると思います。

釣りは、釣りを経験すればするほどに難しくなるものです。

ハンドメイドルアーとはどんなルアーなのか知る事も大事かなと感じてます。

高価だからと言って特別に釣れるルアーではないって事実。

所有力から釣りの本質からブレない事が大事なルアーですね。

テリアルアーは親切に個々に違うバルサの重さを一つずつ書いてあるハンドメイドルアーです。

まずはウッドルアーを知る為にリップが付いてないハンドメイドルアーから始めた方が比重に関しては理解しやすいでしょう。

リップが付いているミノーやクランクなどは主にリップや形状ウエイトの位置の関係で比重の違いを知ることが難しい気がします。

まずは分かりやすいリップレスやトップウォータールアーから比重の違いを感じてもらえたらなと思います。

そうしたらルアーの事に関しても冷静に物事を解釈できるようになるかなと思います。


オンライン発売は明日にします。

4/18の17:00頃にネットにアップ予定です。

宜しくお願い致します。

10minutes ONLINE (10ミニッツ オンライン)東京、池袋にあるルアー釣具店 アメリカンルアーとG.Loomis、ヒラマサルアーを取り揃えております。リールのオーバーホールや修理、ロッドのガイド交換などもやっております。
トップへ戻る