『ヘラブナ釣り』 釣りにおける快楽の種類

今がチャンス!

ヒラマサを高確率で狙って釣るなら今と感じている私。

個人的にはルアーだから釣れちゃったって感じる魚も多いのは事実です。

いや、むしろ釣れちゃってる系の方がまだまだ全然多いと思っております。

できれば、通って通ってでないと出会うのが難しい魚に。

自分の思惑通りに。

その狙いもまだまだ大枠でしか狙えてないですが。

もっと知りたい欲求と確かめたい欲求。

まだまだ不特定な要素は多いですが自分が釣りをできているうちに何か言葉にできたらと思っております。

って昨日は時化で出船しないとの事で。

昨日の感想…

餌釣りは難しい。

以上!

ってな感じですが。

昨日はヘラブナを並んで3人で楽しんでおりました。

くだらない話をしながらボケっとしながらウキを眺めて…

なんて事にはならない3名(笑)

ほぼ無言。

各々が違う釣り方、違う長さの竿で、自分の釣りを組み立てて真剣に集中して黙り込んで釣りをする。

とてもシュールな釣りとなってしまいました。

何なんだろうか?

このヘラブナの楽しみは?

と考えていたところ。

単日で単発の快楽と積み重ねの快楽を作る事ができる事なのかなと。

ヘラブナ自体は放流されていると思いますし。

いわば自然を利用した釣り堀に近い釣り場。

基本的に日本の内水面だとほとんどがそんな感じですかね。

なので魚は絶対に居るのが確定していての餌釣りなわけです。

魚も居るし、餌だし、簡単に釣れるか?と思いきや簡単に釣れないのがヘラブナ釣りの魅力ですかね。

この釣りが難しい要素のひとつに頭をフル稼働させないと簡単には魚が釣れないって事がひとつあるでしょう。

ボケーっとウキを見てても釣れない。

魚を集めなきゃいけないし、集めすぎてもいけない場合もあるし。

とにかく考え方や方法や組み合わせが細かくて多く。

基本的に釣れちゃった!ってのが少ない釣りなのが魅力なんですかね。

最後に合わせを入れないと釣れないの試練ですかね。

とにかく難しい。

ただ一つ自然を感じやすいのはこの釣りの最大のメリット。

座って釣りができる。

人間の感じる感覚を研ぎ澄ませる練習にはピッタリなのかなって。

って事で釣りの快楽。

気持ちよく楽しい釣り。

なかなか難しいです。

ヘラブナ釣り、楽しいと辛いがいい塩梅で1日に集約されているのかなと個人的には今通っている釣り場ではあるのかなと感じております。

単発の快楽と積み重ねによる快楽。

とにかく釣りが好きなら釣りに行く。

よくわかんないブログになりましたが。

そんな感じです。

って事で金曜日はカットウ釣りに決定しました!

今季初のカットウ釣りなのでひとり抜け駆けはやめて、カットウ仲間と日程合わせてになりました(笑)

トップへ戻る