2016/10/30 アオリイカティップラン 『これも釣りの楽しみ方』

おかっぱりエギングも好きでしたが、今は全くしません。

船の方がいっぱい釣れるから?

いや、釣りに全力で集中したいからです。

最近話題のマナー問題、駐車違反、ゴミ問題。

自分的には一緒な釣り人にされたくないです。

だから船釣りなんです、船だったら全く関係なし!

駐車問題は船宿の駐車場へ、ゴミも海に捨てる事はないし。

船に乗ったら1000%釣りに集中できる。

じゃー船に乗った方が自分的には気持ちよく釣りできるじゃない!

ってな事でおかっぱりはもう全くしません!

客観的に見てあの感じだと、残念ながらこれからも港の封鎖は免れないだろうな?

勝山港も危なそうだ。

今季初、ティップラン釣行。

遂に勝山もティップラン開始。

どうしてもこの時期は行きたくなる。

前日は徳ちゃんも初釣行。

ティップランは以外に面白い。

初めてのイカ!釣れるのかオイ?釣ってみろオイ! 朝晩はすっかり冬ですね。季節が4つある事で色々な釣りが楽しめる。ありがたい話です。...

船はおなじみ五郎さんの操る五郎吉丸!

関東一のティップランの船長!

船釣りでは自分が楽しくできるかも船長次第。

_mg_6738

準備に苦戦。

今季何回目なのか?

ティップランでは有名人?

「最近、イカが抱く前がわかるんだよー」って8ちゃんは余裕の準備。

ロッド、リール、エギ全てを改造。

ロッドなんてひどいもんです。

原型をとどめてないです。

_mg_6739

_mg_6745

ガイドにラインが通らないと出船前からバカ騒ぎ。

みんなで和気あいあいと楽しくできるのも船釣りの楽しい所であろう。

自分も久々の2500サイズのリールにPE0.6号の極細ラインに戸惑う。

10000サイズの5号に慣れすぎた為に変な感じに。

いざ出船!

釣り方はとてもシンプル。

エギを着底させたら目標レンジにエギをステイ。

そして合わせる。

とても簡単な釣り。

難しく考える必要性は全くなし。

エギもルアー同様、色は関係なし!

シャクリはレンジを意識するだけ。

シャクリ方、シャクリ回数を考えるのはティップランを難しくする原因。

エギを底からどれだけ上げるかだけ、重要なのはそこです!

当たりはラインが張ってるので必ず出ます。

まずはそこから。

当たりを出す方が難しいのかな?

そこがこの釣りの魅力。

_mg_6765

寒い、一気に寒くなりましたね。

しかも雨が降ってるし。

向かい風で釣りをするので雨が一番つらいのです。

_mg_6755

あれ?

渋い?

前日も渋かったみたいですが今日もか…

感じ的にですが、イカのやる気は高いのですが、潮がかっ飛びすぎ!

遊泳能力の高くないアオリは厳しいのかな?

ピンスポットに固まってる感じでしたね。

避難してたのかな。

この釣りの宿命、ピンポイントにエギが落ちないと抱かない。

だから、タイミングが合えばバタバタと。

ズレたら釣れない。

厳しい状況です。

その代わりにエソの猛攻がすごい!

_mg_6774

釣れたけど、気持ちのいい感じでは終われなかったかな?

また次回ですね。

五郎さん、いつもありがとうございます♪

アオリイカの楽しみは釣った後にも。

ここからも楽しいのがアオリイカ。

アクアラインの渋滞に苦戦しながら無事に帰宅。

ここから。

_mg_6776

釣りたてのアオリイカをまな板に!

_mg_6778

フル分解。

イカのいいところはハサミがあれば調理できます。

_mg_6780

パン粉を付けて。

_mg_6791

イカフライパーティーでした♪

贅沢と言われるかもしれませんが、これが釣り人の特権!

刺身なんてねー。

新鮮なアオリイカのイカフライ!

_mg_6800

ソースをべっちゃり付けて。

これ毎年恒例になってて、イカ釣りの時はみんな家に遊びに来るのです。

イカはうまいからねー。

これも釣りの楽しさの1つですね。

次回は来週かな。

トップへ戻る