千葉県大原港リレー フグのちヒラマサ 春日丸のち松鶴丸 

最近始めたフグ釣り。

私もまだまだ初心者なのでよくわからない事はたくさんです。

ちょろちょろとショウサイフグの生態を調べている感じですね。

禁漁期間はあるみたいですが年間できるみたいなので釣りのレパートリーに入れてやり込んでみたいと思います。

そして、みんな興味あるみたいで行きたいって事で日曜日。

美味しいし。

釣り的にも大胆さと繊細さ。

そしてなにより道具もそれほど必要ではなく価格も安い方の釣り。

ライトジギング系のリールは持っている可能性が高く買ってもロッドぐらいだし。

レンタルあるし、そんなに買い足さなくても仕掛けだけでOK。

気軽に挑戦できる釣り。

やってみたいって事でみんなで行ってきました。

餌の試練。

ルアーの試練。

どんな釣りにも試練はある。

分かっちゃいたけど、釣りは行く事から始まる。

その日のベストを尽くせばOK。

とりあえず行ってみよ~。

挑戦してみる事の大切さ。

基本的にそんなスタイルなので。

って事なんですが。

ここ最近の様子を伺っていて…

季節も進み少し難しくなった感じ。

わかっちゃいたけど渋い。

とりあえずはタコを引っ掛ける。

もじもじっと。

ガンゾウ。

カスザメ。

真鯛。

サバ。

どこに行ったショウサイは?

そして初めての根回りに。

どきどき緊張感。

そしてフグを3匹かける。

笑が絶えない船中に拍車をかける釣果。

本命のショウサイフグはボチボチでしたが。

笑いが絶えない午前船。

また次回かな。

オリジナルフグロッドも入荷してきます。

外房使用に180のレングスです。

お楽しみに。

そして午後。

そりゃー乗ります。

あぁーいるいる。

午後もうるさくなりそうな雰囲気。

何ともつかみどころがない感じが続いています。

上なのか下なのか。

ただ釣りをするエリアも変わらずなので。

後は決断力と判断力。

呪いの掛け合い。

呪う人と呪われた人。

ここから始まる怨念。

根に持つタイプか(笑)

こわいこわい。

そんな中で均衡を破ったのは。

セカンドステージ、リップルフィッシャーテスターの原田君。

当店とタックルベリー狭山店のオリジナルカラーでナイスサイズのヒラマサでした。

ロッドも使用していたのは新製品のセルフィッシュNS614。

わりとどんな状況でも使いやすい感じのテイストに仕上がっているかと思います。

後は考え方、使い方次第かとは思いますが。

ちょっと自分も使い込んでみたい気になるロッドではあります。

そしてタイムアップ。


明日また挑戦です。

縛り解禁です。

トップへ戻る